2007年6月 9日 (土)

終わりに

「南ドイツのハイクオリティライフ」と題して約1年間ブログを公開させていただきましたが、残念ながらそろそろ終了させて頂かなければならなくなりました。

南ドイツの町、Stuttgartにて6年半暮らしてきましたが本日をもってその愛すべき街に別れを告げ日本へ戻ります。

プロフィールにも書いてありますが、私はとある日本企業の駐在員としてこの地で仕事をさせていただきました。その生活の実態はハイクオリティライフとは掛け離れた純日本的なサラリーマンの仕事漬けの暮らしでした。

私は10数年前にもデュッセルドルフに4年半ほど駐在していたことがありますのでドイツでの生活もこれで2回目となり通算するとドイツ暮らしも11年を越えました。

しかし、本当にドイツに暮らしたなぁ、と思えるようになったのはここ2年ほどのことです。年齢的にも半世紀近く生きてきて、それまでがむしゃらに駆けて来た自分の人生を自分自身の為に考えてみようという思いが芽生え、週末に散歩に出てみたりして自分の時間を持つようになりました。

そんな時、南ドイツの人たちが人生を楽しみつつ仕事も効率よくこなしている姿に興味を持ち、その生き方を探ってみたくなったのです。

ブログはそんな私の観察記録として書き始めました。南ドイツの暮らしを紹介すると共に日本の人にドイツの生活や文化を理解してもらいたくて書き続けてきました。途中、2月頃に一時中断しましたが、4月からは全く別なパターンで再開しています。

私としては意図したわけではありませんが前半のパターンは駐在員としての生真面目な姿勢で対象を観察したレポート形式であり、4月以降は人生を楽しむ余裕ができたエッセー形式に変化したのだと思っています。この変化が私自身の生き方の変化であるのかもしれません。

冒頭に書きましたように私は日本へ帰りますが、これを機に会社から離れ自分自身の為に残りの人生を使おうと決めました。6年半の間につかみ取った、「暮らしは質素に人生は豊かに」という南ドイツの人たちの生き方を私なりに実践して行きたいと思っています。

日本に戻って何をするのかとよく聞かれますが、私は決まって「何もしません」と答えています。長い会社生活で頭のてっぺんから足の先まで全て仕事のことで埋まっていて、新しいことを始めるにしても今はそれを吸収する余裕がありません。会社生活の垢を洗い流すように、溜まってしまったものを放電し、頭の中のメモリーをリセットしなければならないと感じています。

ドイツの人たちが2週間、3週間と休暇を取ってリフレッシュするように私も1年くらいは何もせず第2の人生を豊かに生きるための休暇を頂こうと思っています。

ブログはこれで終了です。

南ドイツの人たちの暮らしを私がどこまで理解していたのか、そしてそれをどこまでブログで伝えることができたのかは分かりません。それでも皆さんの心の中に「南ドイツのハイクオリティライフ」というものが少しでもイメージとして残っていれば、それはブログを書いてきた私の喜びでもあります。

撮りためた写真がたくさんあってアルバムだけは更新させてもらおうかと思っていますのでブログそのものは閉鎖せずに残して置きます。個人的に私の日本での暮らしぶりをお知りになりたい方はこちらを覗いてみてください。

http://ameblo.jp/stuttgart/

長い間、ありがとうございました。

Photo_85

| | コメント (44) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

ドイツに暮らす

Photo_90 ドイツの町を空から見ると小さな集落が点在している景色を目にすることが多くあります。

もちろん大都市はビルや家が密集していますがその周辺には独立した地区が幾つかあり、その間は野原や森になっているのです。

Stuttgartの空港から飛び立つ時や着陸するときにそういった風景を見ることができます。

Stuttgartは中心部が谷底のような地形で建物が密集していますが、その周辺はStuttgart市でありながらも地理的には独立した地区がいくつかあります。

私が住んでいるところはVaihingenという地区なのですがKaltentalやRohr、Moehringenといった隣の地区とは森や野原で区切られています。上の写真はLeinfeldenという地区の遠景ですが隣のEchterdingenとはこのような草原で区切られています。

Photo_91 ドイツには大都市がないといっても過言ではないかも知れません。

一番大きな都市はベルリンですが人口は300万人程度です。

その他100万人を超える都市はハンブルグ、ミュンヘン、ケルンだけで、有名なフランクフルトやデュッセルドルフ、そして我が町Stuttgartも60万人程度の人口です。

これはドイツの人がそれぞれの街を大切にし、それぞれの個性を尊重している現われではないかと思っています。

Photo_94 流行を追い、刺激を求め大都会に住むことを望む人もいるでしょうが、多くの人は自分の住む環境を大切にして自然に直に触れることができる場所に住みたいと思っているようです。

Leinfeldenの丘を散歩する老夫婦の写真をこっそり撮らせてもらいました。休日の午後です。

お店は全てお休みの日曜日、心穏やかに自宅の近くを散歩できるのはハイクオリティな贅沢だと思います。

そして、大都市からそれほど離れていない場所で自然に近い環境で暮らせる。そんな所に人は住むようになり、集落ができるのでしょう。

でもお互いに窮屈にならないように集落の間に森や野原を挟んでいるのではないでしょうか。

Photo_95  私の住むVaihingen地区にも近年、大きなショッピングセンターができて便利になりました。

でも、歩いて5分も行けば静かな森を散歩することができます。

質素に暮らすこと、そして心豊かに生きること。

それを実現できる暮らしがここにはあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

パーティの楽しみ

Photo_86 ドイツの人はパーティが大好き。

とはいっても南ドイツのクオリティライフですからそんなに贅沢なパーティばかりではなく手作りのパーティで楽しみます。

この季節、屋外で楽しむバーベキューパーティが一番人気でしょうか。

家族で、親類と、そして友達同士が集まって自宅の庭や公園でバーベキューを楽しみます。

去年の8月6日のブログにバーベキューパーティに呼ばれたときの事を書きました。よろしければもう一度見てください。 → http://stuttgart.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_2f63.html

Photo_87 私の勤務する会社でも時々従業員の慰労と懇親の意味を込めてバーベキューパーティを開催します。

大きな会議室が中庭に面しているのでガラスの大きなドアを開け放しにして、焼くのは外で食べるのは建物の中というパターンが多いですね。

人数が多いのでバーベキューは専門の業者の人にお任せしていますが、たくさんのお肉やソーセージ、とうもろこし等も焼いてくれます。

レストランで食べるステーキよりもバーベキューのお肉のほうが数倍おいしいのはどうしてでしょうね。

Photo_88 先週の金曜日も送別会を兼ねたバーベキューパーティがありました。

今回は長い時間をかけて準備してくれていて、合唱隊が結成されて美しい歌声を披露してくれたり、2本の棒を床に置き、リズムに合わせ閉じたり開いたりする間に足を入れて踊るフィリピンのダンスで楽しんだり、古い写真のスライドショーで楽しませてくれたりと様々なパフォーマンスを見せてくれました。

もちろんバーベキューもおいしかったですし、ワインも地元の人がおいしいというものを特別なルートで手に入れてくれたものでしたし、ビールもバーベキューのときはいっそうおいしいんです。

Photo_89 金曜日なので仕事は4時でおしまいで、そのあと直ぐにパーティは始まりましたが夜の11時頃まで延々と続きました。

バーベキューのお肉はとっくになくなっていますがみんなおしゃべが止まりません。

食べ終わったらおしまい、という日本のパーティとはちょっと違います。

南ドイツの人はパーティで如何に楽しむかを心得ているように思えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

パーティを準備してくださった方々、本当にありがとう。今までで一番素敵なパーティでした。そして想いのこもったたくさんのプレゼントも感激でした。一生の思い出になると思います。もう一度、どうもありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

6月は結婚シーズン

Photo_81  6月になりました。一年で一番いい季節です。

でも今日は少し肌寒く、雨模様。

うちに居ると車のクラクションがけたたましく鳴るのが聞こえました。

結婚式を終えた花嫁と花婿が車に乗り、そのあとを親類や友人の車がクラクションを鳴らしながらついて行きます。

すれ違う車もおめでとう!!と、クラクションを鳴らしてあげるのです。

Photo_82 6月の花嫁は日本では幸せになるといいます。

梅雨の季節に結婚式とはあまり良いタイミングではないなと思っていましたが、ドイツに居ると6月が結婚式シーズンだというのが良く分かります。

イースターの後で夏の休暇の前、しかも気候は最高となればこの時期を選ぶ人も多くなるというものですね。

Photo_83 午後からデパートへ買い物に出たのですが、その途中でも結婚式の車の列に遭遇。

みんな同じ白いリボンをアンテナやバックミラーに結び付けています。

花嫁、花婿さんは見えませんでしたが私もお祝いにクラクションをプップーと鳴らしてあげました。

デパートでも食器売り場の隣に結婚式準備コーナーの様なものができていて、結婚パーティー用品から新婚家庭用品までかなりのスペースをとって並べてありましたのでやはりこの時期に需要が多いのでしょうね。

Photo_84 そういえば、今日は私の知り合いの方が日本で結婚式を挙げました。

2回も結婚できる幸せな人です。

残念ながら披露宴には参加できませんでしたが、気持ちだけドイツから送りました。

クラクションの音に思いを込めて。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

キルシュバッサー

Photo_76 ドイツで食事をすると食後酒に強いお酒を飲むことがあります。

ヨーロッパ各国同じ習慣があるようで色々なお酒があります。

イタリアではグラッパ、ギリシャはウゾ、スウェーデンではアクアビットなどなどそれぞれ微妙に味が違いますが、どれもアルコール度43%ぐらいの強いお酒です。

Photo_77 私はイタリアのグラッパが好きだったのですが、グラッパは葡萄がが原料です。

ドイツにも色々なお酒がありますがどれも果物から作っているようです。

南ドイツで有名なのがキルシュバッサーというさくらんぼのような実で作るお酒です。

バッサーとは水という意味ですから「さくらんぼ水」、ですね。確かに見かけは透明なので水のようですが、水のように飲んだら大変なことになってPhoto_78しまいます。

そのキルシュバッサーですが、スーパーに行けば10ユーロから16ユーロぐらいで大きなボトルが買えます。

それを食後に一杯頂いてもいいですし、寝酒として小さなグラスで一杯頂くのもこれまたよし。結構こういう暮らしが好きでした。

深酒するのではなく、強いお酒を生のままクイッと飲むのがドイツの暮らし方でもありました。

Photo_79 そんな飲み方をするキルシュバッサーですが高級ブランドがあります。

Zieglerというブランド品は一瓶で90ユーロほどもします。通常品の6倍以上です。

先日、デパートで見つけて一瓶買ってみました。とはいってもミニボトルでちょっとだけです。それでも17ユーロ。

それを飲んでみたのですが、まるっきり違うお酒でした。

日本酒で言うと越の寒梅などの銘柄が水のようなスムースな味であるのと同じでZieglerのキルシュバッサーも臭みがなく水のようでした。

私の目指すハイクオリティライフにはずいぶんと高すぎるお酒でしたが、ドイツにはこういう高級品もあるということに少しびっくりしました。

おかげさまで今夜はちょっぴり高級感に浸ったハイクオリティな夜でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ  ポチッとお願いします。

グラッパも何本か荷物に入れて送りましたが、このZieglerも買って帰ることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

番外編 オランジェリーのモネ

Photo_68 週末を使ってパリまでモネを見に行ってきました。

去年新しく改装されたオランジェリー美術館です。

去年、2度ほど仕事でパリに行った時に見てこようと思ったのですが、いずれのときも中へ入るのに長い行列ができていて諦めたことがありました。

オープンして丁度1年、そろそろ空いた頃だろうと3度目の挑戦でした。

Photo_69 はっきりとは記憶にありませんが、かれこれ4年か5年間は改装工事をしていたオランジェリー美術館ですが、外観はそのままで中はまるっきり作り直されていました。

かつては中へ入るとまず2階に上がり、そこでアンドレ・ギヨームコレクションのルノアール、モジリアーニ、ルソー、ピカソなどを鑑賞したあとで1階に降りてモネの睡蓮を見ましたが、新しいオランジェリーは1階がルノアールなど、2階がモネの睡蓮と入れ替わっていました。

Photo_70 上の写真は1階のギャラリーで、この廊下の両側にルノアールやセザンヌが並んでいます。

壁はコンクリートうちっぱなしでとてもモダンな感じがします。

それと自然光をたくさん取り入れて明るい美術館になっていました。

この美術館で私が一番好きな絵はアンドレ・ドランのアルルカンとピエロという絵です。

Photo_71 大胆な構図の画面、ハッとするような色使い、道化師のはずの二人の悲しげな表情。

10年以上も前に始めてこの絵を見たときから忘れられない一枚になっていました。

数年ぶりに再開しても全く印象は変わらず、不思議な魅力を放ち続けていました。

この写真に映ったおじいさんもこの絵の魅力に引き込まれてしまったようですね。

Photo_72 さて、お目当てのモネの睡蓮です。楕円形の大きな部屋に4枚の横長の絵がはめられて見る人を睡蓮が取り囲みます。

そして同じ大きさの部屋が二つ並んでいますので、大きな睡蓮の絵は合計で8枚、横につなぐと90m以上の長さになるそうです。

晩年のモネ自身のアイディアで作られたこの大作。この二つの部屋もこの絵の為に作られたものです。

Photo_73 二つの楕円を合わせた形は無限大を示す記号。モネは睡蓮の中に無限に変化し続ける光を見ていたのだと思います。

描いても描いても描ききれない睡蓮と移ろいゆく光。無限大は挑戦し続けるモネの壮大な精神世界を現しているのかもしれません。

新しいオランジェリーではモネの睡蓮は2階の展示室にあり、天井は明り取りの大きな天窓になっています。

それは天井から差し込む光の変化で睡蓮もさまざま表情を見せることを狙った大改造だったのではないかと思います。

しかし、残念ながらその狙いは上手く行かなかったようです。モネがキャンバスに書き残した光は自然の光が差し込むと急に色あせ、輝きを失ってしまいます。

モネの描いた光は自然に光には勝てなかったのです。

私の大好きなモネ。絵の素晴らしさは普遍です。それは自然と競合するものではなく心の中の輝きとしていつまでも私の中にあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ ポチッと、お願いします。

この記事がアップされる頃はプラド美術館でベラスケスを見ていると思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

リサイクル

Photo_67 ドイツはリサイクルの先進国。

分別収集の大先輩ですし、スーパーのレジ袋もずいぶん前から有料です。

そんなドイツのリサイクルの真髄を見てきました。

Photo_74 うちの中にたくさんの不要物がたまったのでどうしようかと思っていたら知り合いの人が何でも捨てられるゴミ捨て場があるよ、というので、うち中の不要物やゴミを車に積んで行って見ました。

そこは何だか工事現場のような雰囲気の所でしたが、入り口に受付があって、そこでおじさんが待ち構えています。

いきなり、この車捨てるのか?と聞かれて、???怖い顔をして冗談を言うから戸惑ってしまいました。

何だかよく分かりませんでしたが5ユーロの料金を払って中に入れてもらえました。

Photo_75 中に入ると大きなコンテナがいくつも並んでいてそれぞれ分別してゴミが捨てられているのです。

私にはどれがどこだか良く分かりませんでしたが、おじさんがこれはこっち、これはあっちと指図するのに従って捨ててきました。

私たちが捨てて回っている間にも次から次へと車が入ってきます。

日本でも家電製品や車のリサイクル費用を売価に上乗せするなど社会システムができつつありますが、ドイツではリサイクルが社会に定着しているのだなと感じさせられました。

今日は荷物を送り出しました。うちの中はガラーンとしてます。

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中、ぽっちっとお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

お昼休みにイタリアン

Photo_63 再び夏を思わせるような陽気になってきた南ドイツです。

会社の人に誘われてランチを近所のイタリアンでいただきました。

お店の奥に中庭があってテラスのようにテーブルとイスが置かれ、日除けの大きなパラソルが3つ4つ開いています。

降りそそぐ日差しをパラソルの陰からはみ出した体の半分に浴びながら緑の芝生と木立に囲まれたオアシスのようなところでお昼を食べるのは何と贅沢なことでしょう。

Photo_64 注文を取りに来てくれたウエイトレスさんはとってもキュートで優しい感じのする若い女性でした。

キティーちゃんのTシャツにキティーちゃんの腕時計をしています。

日本のキャラクターがドイツにもじわじわと進出しているんです。

一緒に行った同僚の一人も持っているもののほとんどがキティーちゃんグッズという筋金入りのフリークです。

方やキティーちゃんの腕時計を自慢すれば、もう一方はカバンからキティーちゃんi-Podを取り出して、お互い話に花が咲き乱れるほど盛り上がっていました。

Photo_65 若い女性同士ということもあるのでしょうが、お店のウエイトレスとお客さんがこのように楽しげにおしゃべりする光景は良く目にします。

お互いに会話を楽しんでいるようでもあり、一期一会のその瞬間を大切にしているようでもあり、傍で見ていてもこちらまでその楽しい時間の中に引き込まれてしまいそうです。

別なイタリアンレストランでもマスターがとても愉快な人で、行くといつも冗談を言って私たちを楽しませてくれます。

Photo_66 ドイツでもやはりお客さまは神様です、という顧客重視の姿勢はあります。

だけどレストランなどではただ単にお客様に丁寧に対応するだけでなく、お店に居る間は少しでも楽しく過ごしてもらおうという気持ちも強く働いているような気がします。

注文を取ることも忘れてキティーちゃんの話に興じているウエイトレスと同僚。

おなかが空いているにもかかわらずイライラせずに二人の会話を聞いていられたのは人と人とのふれあいが生み出す人間の素直で飾らない気持ちがそこにあったからです。

お昼休みをちょっぴり超過してしまいましたが明るい日差しの下、おいしいパスタと楽しいおしゃべり、そしてキティーちゃんTシャツのウエイトレスさんのお陰で幸せな時間を過ごすことができました。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

ドイツとサッカー

Photo_59 ドイツの人はサッカーが大好きです。

日本で言うとプロ野球とJリーグと大相撲を合わせたぐらいの圧倒的人気です。

昨年夏のワールドカップサッカーがドイツで開催されたのも記憶に新しい所ですね。

あの時はドイツが3位になって国中が大騒ぎしていました。

Photo_60 今日はドイツのプロサッカーリーグであるブンデスリーガーの最終戦が行われ地元のStuttgartチームが優勝を決めました。

Stuttgartの街は優勝が決まった夕方から熱狂に包まれ、町の中心にあるシュロスプラッツには10万人の人が集まって優勝の興奮を味わっていたようです。

私はテレビで見ていましたが、興奮した若者たちはクラクションを鳴らしながら車を走らせていく音がうるさいほどでした。

Photo_61 普段はあまりサッカーに興味のない私も午後から夜中までテレビをつけっぱなしでしたが、地元のテレビ局も延々と興奮した様子を放送し続けていました。

シュロスプラッツに集まった人たち。

優勝の興奮に酔いしれ、チームカラーの赤と白の旗やマフラーを振り続ける人たち。

オープンカーに乗った選手たちがパレードする様子。

熱狂はすれども何時間も選手たちのパレードの到着を待ち続ける人たち。

そのパレードがシュロスプラッツに到着して興奮が最高潮に達する様子。

テレビはそんな様子を夕方4時頃から延々と真夜中まで放送していました。

Photo_62

どれもこれもが普段のドイツとは全く違う特別な一日でした。

地元のサッカーチームに対する熱狂と興奮が15年ぶりという優勝で頂点に達し、町じゅうの人たちが深夜まで集まってその嬉しさを共有している。

そういえば、クラクションを鳴らす車がなくなってから、近所はひっそりとしています。みんな街中へ繰り出しているのでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

Photo_53 今日、5月17日はキリスト昇天祭でドイツは休日でした。

残念ながらお天気が悪く終日雨模様で肌寒い一日でした。

いつものようにキリスト教関連のお休みですからおとなしくうちで過ごす日なのかなと思ったらちょっと違うようです。

Photo_54 今日は男の人が外に出てお酒をたくさん飲んでもいい日だそうです。

キリストが復活するという大イベントが終わり天国へ登っていくというお目出度い日だからでしょうか?

それにしても男の人にとって都合が良すぎるような日ですね。

Photo_55 私は会社のドイツ人のうちに招待されてご馳走になってきました。

知人や友人を自宅に招き共に楽しい時間を過ごす。そんなドイツ的な休日でした。

日本のこと、ドイツのこと、休暇のことなどなどとりとめのない話をしながら人と人とのふれあいを深めていきます。

Photo_57

広いリビングルームやおしゃれなインテリヤだけがハイクオリティな暮らしではなく、その暮らしを肉付けするような小さなイベントの積み重ねが大切なんだと思いました。

そしてその小さなイベントを面倒くさがらずに楽しめるようになることが人生をハイクオリティライフに変えることができるかどうかの分かれ道なのかなと考えていました。

Photo_58 自然の風景や食べるものなどに満足するだけでは本当のハイクオリティライフにはまだまだ遠いなと感じた一日でした。

でも、そんなこととは関係なく外でお酒を楽しんでいる男たちも居るであろうキリスト昇天祭の休日なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雨の日