« 番外編 オランジェリーのモネ | トップページ | 6月は結婚シーズン »

2007年5月28日 (月)

キルシュバッサー

Photo_76 ドイツで食事をすると食後酒に強いお酒を飲むことがあります。

ヨーロッパ各国同じ習慣があるようで色々なお酒があります。

イタリアではグラッパ、ギリシャはウゾ、スウェーデンではアクアビットなどなどそれぞれ微妙に味が違いますが、どれもアルコール度43%ぐらいの強いお酒です。

Photo_77 私はイタリアのグラッパが好きだったのですが、グラッパは葡萄がが原料です。

ドイツにも色々なお酒がありますがどれも果物から作っているようです。

南ドイツで有名なのがキルシュバッサーというさくらんぼのような実で作るお酒です。

バッサーとは水という意味ですから「さくらんぼ水」、ですね。確かに見かけは透明なので水のようですが、水のように飲んだら大変なことになってPhoto_78しまいます。

そのキルシュバッサーですが、スーパーに行けば10ユーロから16ユーロぐらいで大きなボトルが買えます。

それを食後に一杯頂いてもいいですし、寝酒として小さなグラスで一杯頂くのもこれまたよし。結構こういう暮らしが好きでした。

深酒するのではなく、強いお酒を生のままクイッと飲むのがドイツの暮らし方でもありました。

Photo_79 そんな飲み方をするキルシュバッサーですが高級ブランドがあります。

Zieglerというブランド品は一瓶で90ユーロほどもします。通常品の6倍以上です。

先日、デパートで見つけて一瓶買ってみました。とはいってもミニボトルでちょっとだけです。それでも17ユーロ。

それを飲んでみたのですが、まるっきり違うお酒でした。

日本酒で言うと越の寒梅などの銘柄が水のようなスムースな味であるのと同じでZieglerのキルシュバッサーも臭みがなく水のようでした。

私の目指すハイクオリティライフにはずいぶんと高すぎるお酒でしたが、ドイツにはこういう高級品もあるということに少しびっくりしました。

おかげさまで今夜はちょっぴり高級感に浸ったハイクオリティな夜でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ  ポチッとお願いします。

グラッパも何本か荷物に入れて送りましたが、このZieglerも買って帰ることにしました。

|

« 番外編 オランジェリーのモネ | トップページ | 6月は結婚シーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キルシュバッサー:

« 番外編 オランジェリーのモネ | トップページ | 6月は結婚シーズン »